熱いソース

すごく久しぶりに買い物に出た。

気付いたら街はクリスマス一色で、キラキラぴかぴかウキウキしていた。
歩いている人もみんな楽しそう。
私も午前中に、いつもよりもしっかりと部屋の掃除ができたから気分いい。

かわいいバーニャカウダ用のポットを見つけたので買った。
いつだったか、誰かが、「バーニャカウダという食べ物を最近はじめて知った」と言っていた。
私もちゃんと認識したのはここ数年のような気がする。

そういえば、食べ物じゃないけどリスケとかリマインドも東京で仕事するようになってから知ったし、ケイパなんて最近はじめて聞いたし、カタカナは苦手だなぁ。
インターネットの話なんて絶対にカタカナ無しには説明できないだろうけど、油断してるとすぐに頭が?で埋め尽くされる。


明日はおいしいバーニャカウダを作ろう。
調べたら、直訳して「熱いソース」だって。

f0185250_2337017.jpg

# by fb001294 | 2011-11-23 23:41

『時を刻む砂の最後のひとつぶ』

『時を刻む砂の最後のひとつぶ』(小手鞠るい)を読んだ。
短編集で、出張の飛行機の往復で読んでしまえる。

恋愛、というか、もう少しいって純愛、なんだけど、すべて狂気を感じさせるお話。

だからかもしれないけど、好きな作品だった。

そうそう恋って狂うってことだよな~。なんて。


そしてやっぱり思い出したのは江國香織さんの『神様のボート』。
あれも狂気の話。しかも読み終わった後にじわっと気付く。


ホラーは生活に欠かせないな。
あ、上記2作品は決してホラーではありませんけど。


最近、人生はユーモアとホラーでできてると思えてならない。
# by fb001294 | 2011-11-07 00:30

東京タワー

東京タワーを見るのが好き。
もうすぐ丸5年、毎日帰りに眺めているけど、毎回飽きずにはっとする。
形がきれいだ。そして何よりライティングがとてもよい。


夏は夏仕様のシャーベット系。
冬は暖かな暖色オレンジ。


いつだったかテレビでライティングデザイナーを密着していた。
建造物や町並みのライティングをデザインするという仕事があるのだ。
なんてことはない風景が、ライティングでぐっと表情を変える。
素敵な仕事だと思った。
東京タワーのあの光も、デザインなのだ。
そして私はそのデザインはものすごく成功していると思う。絶妙によい加減。特に冬。


震災の後、しばらく東京タワーは真っ暗だった。

あのころ私は、自分が東京にいるうちに、東京タワーが普段どおりに点灯する姿を見ることはきっとないだろうと思っていた。
しかたないけど、さびしいなぁと思った。
東京タワーが光っていないということが、こんなに寂しいことだと思わなかった。


結局、わりとすぐに東京タワーは再び光り出し、あのときの私のさびしい気持ちは行き場をなくした。
時間の過ぎ方の早さと、人のこころの順応と、置き去りと。
片隅で感じながら、私のこころもその風景になじんでしまったように思う。


だけど今年は夏と冬の衣替えに気付かなかった。




スカイツリーも完成間近。
当初おとな3000円越えと聞いていたけど、どうやら2000円に落ち着いたらしい。適切だ。
高所恐怖症のあの人と一緒に登ってみたいけど、その機会もなさそう。


スカイツリーが光り出しても、私は東京タワーのあの蝋燭みたいな赤がずっと好きだろうと思う。

f0185250_23532667.jpg

# by fb001294 | 2011-11-01 23:54

三つ子の魂・・・

東京から、友人たちが実家へ遊びにきてくれた。

そのときにアルバムをひっくり返したら、懐かしい写真がたくさんでてきて。


f0185250_23153522.jpg


ユニークな顔ですね。
さらにはパンチラもしてます。



拡大してみる。
f0185250_23183455.jpg


貞子も真っ青。


私か弟のどちらかの誕生日のようでした。
嬉しくて浮かれてると、今でもたまにこんな顔になります。



母は懐かしさのあまり、泣きそうになっていた。
友人たちは、コメントに困っていた。






f0185250_23293467.jpg

# by fb001294 | 2011-09-22 23:43

食べること

久しぶりに更新してみる。

なんとなく書く気が起きなくてほったらかしだったんだけど、気付いたらもうすぐ5月も終わりそうなので、せめてひと月に一回は書こうという不思議な義務感にとらわれての更新です。

これは80%は未来の自分のために書いているので、将来の自分からのプレッシャーとも言えるだろう。



本もいろいろ読んだけど、つい最近は家に置いてある料理の本を3冊、隅から隅まで熟読した。
年をとるごとに、おいしいものへの執着が増しているような気がする。

昔テレビかなにかで見たが、昔のどこかの国の貴族は、おいしいものを何度でも味わうために、食べては吐き、食べては吐きしていたらしい。
それを聞いたときは狂ってるって思った。
うらやましくも何ともないが、それでも、おいしいものは好きだけどすぐにお腹一杯になってしまう私は、お腹一杯になるたびに、この話を思い出すのだ。
栄養をからだに摂りいれるために食べることと、味覚や嗅覚を満足させるために食べること。
本当は互いに結びついているのに、この二つが極端に切り離されると、昔の貴族みたいにちょっと恐いことになる。
でも良く考えたら、今の時代の娯楽と呼ばれるものの中にもけっこうそういうことって多いのかもしれない。パチンコとかキャバクラとか。
いつの時代も人間は・・・ってことか。


私は吐いてまで味わいたいとは思わないけど、食べることはいつも喜びです。
「誰と」というのもとても大事。
ほんとにたまにしかないけど、とってもおいしい中華なはずなのに、両社の幹部が揃う接待だったために気を張りまくり、味が全くわからない、ということもある。
「うおープライベートできたい!!」って心の中で叫びながら、愛想笑いを振りまきながら、食べる。

だから好きな人たちと食事をともにする時間は大切にしたいし、人生の中でその時間の割合を増やすことは心がけたいと思っている。
# by fb001294 | 2011-05-29 11:17


ただの日記です 80%くらいは未来の自分が楽しむために書いてます。20%くらいで人に近況報告してるつもりです。


by fb001294

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

リンク


私の尊敬するいなば先輩のブログ。
幅広い知識と深い考察が読み応え抜群。さらに根底に常に愛情が根付いていて、温かい安心を感じます。

日々
makiさんのブログ。アジアンビューティー。感性がとても瑞々しく、聡明で、思いやりに溢れ、男女問わず人を惚れさせる人。

発散⇔収束
Shin.Kさんのブログ。上海在住。物事に対する賢く丁寧な視点がいつも楽しみ。新鮮で優しく力強い日々。

La Strada
sachiorinさん。ドイツ在住のプロのバイオリニスト。その音楽の後ろにある、多彩な心の広がりを感じます。

最新のトラックバック

思○生ばななさん
from 空
観■ This is it
from La Strada
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧