運命を選ぶという運命

中学のとき「運命」について友達が議論していた。

未来を見ることができたとして、例えばこれから起こる事故を避けることができたとする。

これは運命を変えたことになるのか、それとも「未来を見ることができて事故を避けることができる」という「運命」なのか。


友人たちの議論はずっと平行線だった。
むきになる友達の顔とともに、最近このことをよく思い出す。


私にはなんとなく、この人生は大きな流れの中に組み込まれたもの、という感覚がある。
だから「未来を見ることができて事故を避けることができるという『運命』」という考えが、しっくりくる。
まあ私の場合は「未来を見ることができず、事故を避けられない運命」なわけだが。
そして、二つの運命には実は違いがない感じもする。


こんな感じで今まで生きてきた中で起こった全てのこともきっとそうだっただろうし、これから歩く人生もたぶん運命は決まってるんだろう。

だけど、私はその運命を知らない。

すごいことに、運命は決まっているけど、これから起こることを知らないということは、真に自由だ。
知る能力のないちっぽけな私は、その瞬間その瞬間、全てを自由に選んでいる。

ここに思い至って、いつも不思議な気持ちになる。



こういう、考えてもしょうがないことに思いをめぐらせて、そのあとで明日の仕事のアポイントのことなんかを思い出す、この妙なギャップが好き。
# by fb001294 | 2012-04-17 00:39

天草再発見の旅

お寿司を食べたくなって、天草へ行ってきた。

知る人ぞ知る名店『奴寿司』!!
前からずっと行きたいと思っていたお店です。
一貫一貫工夫が凝らされていて味がついているので、お醤油はつけません。
とってもおいしかった。
天草はちょくちょく行くので、次回もまた寄りたい。
f0185250_23284291.jpgf0185250_23285884.jpg
f0185250_23302363.jpgf0185250_23303519.jpg


















その後、せっかくここまで来たのだから、きぬさやを収穫したい、ということで足を伸ばして母の実家まで。
母がきぬさやを収穫している間、父は車(私の)を洗車し、その間私は軒先でお昼寝。

f0185250_23401852.jpgf0185250_23403920.jpg












裏庭から見上げる大江天主堂が好き。
f0185250_2341496.jpg

















両親がたまにしか世話をしにこれないため、中途半端に、でも細々と育っている畑。

f0185250_23425646.jpg













祖父母のお墓参りをして、1時間そこそこで帰路につきました。




帰り道、おもしろい風景に出会った。
両脇に畑が広がる田舎道に突如現れるここは、「かかし村」だそうです。
天草市宮地岳あたり。

f0185250_23503220.jpg


一瞬、かかしと人間の区別がつかない。
通り過ぎたけど、思わずひきかえしてしまった。

f0185250_23504837.jpg


この中に本当の子どもは一人だけ。
f0185250_2351378.jpg

f0185250_23515569.jpg


この時期だけ、こうして道行く人を楽しませてくれるらしい。
地元のお年寄りたちの手作りだそうです。



珍風景はさらに続く。
通称タコ街道に鎮座する、リアルすぎるタコのオブジェ。

f0185250_23595122.jpg

このうねり感、このヌメリ感。
リアルを追求する徹底した姿勢にはすがすがしさを覚えます。

その後ろに広がる海。
f0185250_022859.jpg




昔から行きなれた「おばあちゃんち」の道々に、こんなにクオリティの高いおもてなしがあることを再発見した一日だった。
ただ、往復5時間はやっぱり大変なので、今度は2泊以上でゆっくり行きたい。
# by fb001294 | 2012-04-10 00:05

読書感想

最近、江國香織の『左岸』を読んだ。
辻仁成の『右岸』と対になっていて、物語が女性・男性それぞれの視点で描かれるというもの。
『冷静と情熱のあいだ』形式のね。

こちらにきて、引越しのときの荷物もだいたい片付けて、ようやく落ち着いてきた。
通勤時間に本を読むことは不可能でも、東京のときのように会合も多くなく家でゆっくり読めるので、読書の習慣は保てている。

夜、久しぶりに嬉しい人からの電話をいただいて、心が華やかになったところ。
気分が上がったからか、熊本歴20日のせいか、思わず方言が出てしまった。

上記の『左岸』『右岸』の舞台は博多。
私は江國香織『左岸』を読み終え、辻仁成『右岸』に差し掛かったところだけど、
どうにもスムーズに読み進められないところがある。
主人公が博多弁をしゃべるのだ。

かぎかっこのところで細かい違和感を感じて、いちいち引っかかってしまう。
熊本弁と博多弁は微妙に違うからかもしれない。
とにかく、方言らしきものを文字で読むのはなんだかまどろっこしいし、「愛しとうと」とか言うか~??などと心が突っ込んでしまって忙しい。
そしてなんとなく気恥ずかしい。

あんなコテコテの方言を話す設定にする必要があったのだろうか。
主人公の話す方言に気をとられて、物語に集中できませんでしたよ。


結論:方言を文字で書いてはいけない。


イントネーションの問題もあるし、方言って口承の文化だな~とあらためて思った。


電話で思わず方言が出たときにこのことを思い出したのだけど、このことを話し出すときっと長くなってしまうと思ったので自粛し、こちらに書き留めたとです。
# by fb001294 | 2012-03-22 00:47

1月の記録

***

お茶とお花を体験する機会があった。
素敵な古民家でルームシェアをしている知人宅にて。
お茶もお花も初めてでそれこそ右も左もわからなかったが、先生がまずは作法は気にしなくていいとおっしゃったので、ほっとした。
お茶やお花を通して、からだついて考えようということだった。
初めてすぎて、ドギマギして、余裕がなかったのだけど、先生のお話がとてもおもしろかった。
ひとつのものを見ているうちは見えてなかったものが、ふたつ、みっつと増えると見えるもの。間を見ること。ろうそくの炎を見ているとき、炎そのものは見ていない。その後ろに広がるものを見ている。その状態で、お花を生けてごらん。
考えすぎてはダメだと考えすぎて(笑)、あまりうまくいかなかったのだけど、とても素敵な時間を過ごさせていただきました。



***

ヴァイオリニストの友人が企画した「はじめての音語り」へ。
演奏と語りを織り交ぜた、二度おいしい演奏会。作曲家の人生や、音楽の成り立ちを初心者にもわかりやすく説明しながらの、すばらしい演奏!
あんな風に一つの曲を分解して聴かせてくれる演奏会って、なかなかないんじゃないだろうか。
ボッケリーニ、ハイドン、ラヴェル。ほとんど知らない曲だったけど、本当に素晴らしくて酔いしれました。
作曲家についてのエピソードも聞きながら、こんな音楽を作ってしまうなんて、なんて天才なんだ・・・!とあたりまえながら思ってしまった。彼らの頭のなかにはどんな世界が広がっているのだろう。
音楽が国も時代も超えて人のこころを震わせる、その不思議についても思った。音を組み合わせることで、どうしてこんなことが可能なんだろう。なんで私は感動するんだろう。不思議。

私はCDなどでクラシックを聴く習慣が全くなくて、だから一概には言えないんだけど、クラシックってきっと生で聴くのが圧倒的にいいんじゃないかって思った。弓の動きや体の動きや表情をみてると、なんだかダンスを見てるみたいだった。
# by fb001294 | 2012-01-25 00:24

軸のこと

すっかり遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

最近全然更新してないじゃないか、いまのキロクになってないじゃん!
という指摘を受けたから、というわけではないけど、確かに久しぶりだ!
今年はもう少しまめに書くぞ~。


お正月休み中、家族で由布院へ旅行に行って、
そこで思い立って陶芸体験をした。

ろくろ。
足で回転速度を調整するタイプ。
窯元のご主人が途中までやってくれて、私は形を作っていった。
コツを教えてもらって、ぐるぐるぐるぐる。
中心に親指を入れて、両手で挟んであとはスーッと。

何度も繰り返すうちに、うつわの中心が存在感が増す。
中心の軸が立ち上がってくる。
中心の軸を感じながら、ぶれないように。
ぶれないように手を添え続ける。

私は深めのうつわ、弟はビアカップを作った。
教えてくれたご主人が、「お姉さんはずいぶんこだわってたね」
と言ったけど、私はただ、軸を感じてただけ。何度も何度も。


うつわにも軸が立ち上がったけど、この感覚どこかで・・・と考えて
すぐに思い出した。
昔やったことのあるクライミングにも自分の体に軸を感じた。
そういえば、ゴルフも軸がとても大事。
軸を中心に調和が取れた瞬間、うつわは美しく、体は次への力を蓄え、玉はまっすぐによく飛ぶ。

いろんな動きの中に、軸ってある。
そして軸を掴むのは、難しいけどなんだか心地いい。


あちこちで、今年の目標は、と聞かれて、考え中~と答えていたけど、
決めた。

軸を感じること。

今年はおそらく環境が大きく変わる。
その中でもできるだけ、軸を意識して動けたらいいなと思う。

ブレてもいい。ブレていることがわかることが大事。

うつわは2月に出来上がる予定だ。楽しみ。

f0185250_23115933.jpg

# by fb001294 | 2012-01-11 23:13


ただの日記です 80%くらいは未来の自分が楽しむために書いてます。20%くらいで人に近況報告してるつもりです。


by fb001294

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

リンク


私の尊敬するいなば先輩のブログ。
幅広い知識と深い考察が読み応え抜群。さらに根底に常に愛情が根付いていて、温かい安心を感じます。

日々
makiさんのブログ。アジアンビューティー。感性がとても瑞々しく、聡明で、思いやりに溢れ、男女問わず人を惚れさせる人。

発散⇔収束
Shin.Kさんのブログ。上海在住。物事に対する賢く丁寧な視点がいつも楽しみ。新鮮で優しく力強い日々。

La Strada
sachiorinさん。ドイツ在住のプロのバイオリニスト。その音楽の後ろにある、多彩な心の広がりを感じます。

最新のトラックバック

思○生ばななさん
from 空
観■ This is it
from La Strada
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧