<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『真鶴』

川上弘美の『真鶴』を読んだ。
なんか、すごかった。

主人公は突然失踪した夫を想い続けながら、母と娘と三人で暮らしている。新しい恋人との関係も重ねている。夫の残した「真鶴」という地名に惹かれ、その土地に足を運ぶようになる。
というような内容。

だいぶ引きずられました。本の中に。まだ戻ってきてない。
失踪した夫への断ち切れぬ思い、娘への思い、恋人への思いを丹念に描いているのと同時に、
いなくなった夫、娘、恋人、母親、自分、ついてくる目に見えない女(←というのも出てくる)を通して「存在」ということについて、かなり深く核に近いことを言っている気がする。

落ち着いたらもう一度読んでみよう。
それにしても、夫に突然失踪されたらほんと、たまらんな。
そしてそれはけっこう日々起こっていることのような気もする。夫に失踪される、ということではなく。
この物語のかもし出す雰囲気が、なぜかとてもなじみ深い感じがした。それはそれでぞっとする。



夫が失踪する話で、江國香織の『神様のボート』というのもある。
消えた夫を愛し続けながら、娘と二人暮らし続ける。夫のいない場所に馴染むのが嫌だから、引越しを繰り返しながら。
全体を通して、激しい展開もなく、戻ると言った夫の言葉を信じ、成長していく娘と共に生活をしていく、時間を重ねるという一見穏やかな話だが、
江國さん自身も言っているとおり、狂気の物語だった。
とても印象深い作品。


こういうタイプの話を男性が書いたらどんな風になるんだろうか。
狂気になるだろうか。
by fb001294 | 2009-10-27 00:54

押せないボタン

パソコンがおかしくなって、そして直った。
クリックができなくなった。
なのでネット接続がクリックできず、シャットダウンもクリックできず、始めることも終わることもできなかった。
クリックできるアイコンも一部あったので、マウスがおかしかったわけでもなさそう。

理由がわからないまま、いつのまにか元に戻っていて、今こうして書いているわけだが、
なんて、なんて、実体のない道具なんだ!!ということを激しく実感した。

目の前に押したいボタンがあるのに、指で押せないこのもどかしさ。

私は実体のある世界でしか生きていけん。。
破れたら、ガムテープで貼って、なんとかしのげる。そういうのがいい。



パソコンも直って、今日はすがすがしい月曜日。
のつもりが、最後トラブルの予感を残して一日が終わり、少し憂鬱である。
でも、問題であるらしいそれは、果たして本質的に問題なのだろうか。
大抵たくさんの人が関わり、幾層にも何かが重なっているコトというのは、問題が不思議なところに設定されている。これもまた実体がつかめず、もどかしい。
まあ一ミリも気を抜くな、と言われればその通り。




帰り道、ミスチル聴きながら癒してもらう。
心はメロディが好きみたいだ。
波、でもいいな。乗れる何か。

だから、音楽もメロディ。文章もメロディ。絵画もメロディ。料理もメロディ。あの人が話す言葉もメロディ。
心地良いもの、すべり込めるもの、すべて波だったか。

心にもまた実体はないけど、私だけが知るその波は、私にとってのみ、一番確実なもの。

と秘かにつぶやきながら、こないだ通り魔が出た夜道を、キョロキョロ警戒しながら帰る私こそが怪しい月曜の夜でした。
by fb001294 | 2009-10-19 22:37

味わい

原宿にクルックキッチンという、料理も店の雰囲気も店員さんもかなりクオリティの高い店があって、昨日久しぶりに行った。

野菜をあんなにおいしく、あんなにモリモリと出してくれるお店を他に知らない。

味や匂いと感覚の本能についておしゃべりしながら、「おいしい」を連発する。
視覚や聴覚と違い、味や匂いは言語化しにくい。おいしいしか言えない。
わかってもらうためには、同じものを食べ、同じ匂いを嗅いでもらうしかない。
つまり、この料理は、おいしい。

女子はにおいで男の人を好きになる!
という、言われてみればなるほどそうかもなこともわかった。
なぜか好きになってしまう、その言語化できない理由はそこにあったか。


医者が受けるという試験(名前忘れた!)の話が、おなかがよじれるほどおかしかった。
心臓マッサージのとき、
「(患者が息をしているか)見て、聞いて、感じて、4、5、6・・・10」
と言わねばならないらしい。
4から数え始めるのは、「見て、聞いて、感じて」がすでに3秒だから。合理的(笑)!
私はとっさのときは絶対に「見て、聞いて、感じて、1、2、3・・・」と数えてしまって、3秒多いことになってしまう。

クルックキッチン、おいしおかしかった。


さて、これから仕事仲間で一品持ち寄りホームパーティーである。
私は朝からせっせと野菜のトマト煮込みを作ってタッパーにつめた。
おいしいといいけど。そうでなくても、たぶん「おいしい」って言ってくれる。いい人たちだから。
味は言語化しにくい。
by fb001294 | 2009-10-12 12:40

陶淵明

学生時代からの集まりに顔を出した。
今日は「古典を読む」というのがテーマ。
こんなことでもない限り、ぜっっったいに読むことはなかったであろう『陶淵明』。
中国の漢詩ですね。

仕官したり辞めたりを繰り返しながら、田園生活に憧れ、晩年は故郷の農村で過ごした人。
彼の人生観が垣間見える詩もあるが、多くは日常を記した日記のようだった。
自然は素晴らしい。故郷に帰りたい。子が遊んでいる。酒が飲みたい。

原語で理解できれば、彼の素晴らしさを実感できるに違いないとは思うが、現代訳だけ読んだ感想は
「田舎暮らしに憧れるサラリーマンだな」。
しかし1500年以上も前の時代の人が書いたものを、こうして今に重ねることができることそのものに感動してしまった。
いろいろ話を聞いていると、陶淵明は先端を行き過ぎた人なのだそうな。だから当時はあまり評価されなかった。

彼の詩には酒が本当によく出てくる。大好きだったみたい。
「ただ心残りなのは世に生きていたとき、十分に酒が飲めなかったことである」とは、自らの死についてうたった詩の締めくくりである。
今日集まったメンバーはあまりお酒を飲まない人ばかりで、「酒を飲む心境」の話で私に視線が集まったときはドギマギした。
意識と無意識の間という話が出たけど、まさにそうで、意識を少しずらすと、嬉しくて楽しい気持ちになるのですよ。人と飲む、というその雰囲気によるところも大きい。行き過ぎると世界が回り始め、無意識へと突入しますが、これはあまりいい状態ではありません(笑)。
ただ、たまに日常の意識的な状態よりも感覚が鋭くなる瞬間があって、普段は気付かないことをストンと理解したり、なんてこともある。あっちの世界に片足突っ込んでいるのかもしれん。


今日はスカイプを使って、ドイツの友達とも実況生中継だった。
すごい!
この素敵すぎる人たちと、いつか離れ離れにならなければならないと、早くも今から切なくなりだしている私は、秘かに嬉しくなっていた。
私が熊本に戻っても、こうしてみんなに会える。
もちろん、同じ空間で同じ空気を吸って、全身でニュアンスを伝えられる距離であることは何ものにも代え難い。
だけど、今日、それにかなり近い感覚でいれた。


陶淵明は作品を通してでしか会えないが、
こうして同時代に生きて、笑顔を交し合えるあなたたちに、感謝。
by fb001294 | 2009-10-04 23:58

バースデイの記憶

出張だった。
熊本に戻ったら予想以上に暑くて、汗だくだった。
夜は一緒に熊本入りしたお客さんを連れて、接待だった。
大人になるってこういうことか。

私の友人でハニワ(8月28日)の日生まれの人がいて、
学生時代にハニワハニワと呪文のように覚えこまされたので、
彼女の誕生日だけは決して忘れない。
というのを羨ましく思い、自分はクニ子(9月25日)の日ということにした。
うーん、イマイチ。
しかもいつだか酔っ払ってクニ子クニ子と連呼していたらしく、
「クニ子の日だね。おめでとう」
というメールをいただいたりして、恥ずかしかった。
クニ子って誰だ。




ドタバタな熊本出張から戻って、朝自分の部屋で目を覚ましたら、全然違う朝だった。
わだかまりが、そぎ落ちたような。
すっきりしていて、ちゃんと空気が流れていて、知っていたはずだけど初めての感じ。
イイコトありそうな気がする。
by fb001294 | 2009-10-02 00:05


ただの日記です 80%くらいは未来の自分が楽しむために書いてます。20%くらいで人に近況報告してるつもりです。


by fb001294

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

リンク


私の尊敬するいなば先輩のブログ。
幅広い知識と深い考察が読み応え抜群。さらに根底に常に愛情が根付いていて、温かい安心を感じます。

日々
makiさんのブログ。アジアンビューティー。感性がとても瑞々しく、聡明で、思いやりに溢れ、男女問わず人を惚れさせる人。

発散⇔収束
Shin.Kさんのブログ。上海在住。物事に対する賢く丁寧な視点がいつも楽しみ。新鮮で優しく力強い日々。

La Strada
sachiorinさん。ドイツ在住のプロのバイオリニスト。その音楽の後ろにある、多彩な心の広がりを感じます。

最新のトラックバック

思○生ばななさん
from 空
観■ This is it
from La Strada
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧