<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

地に足着けて

地元で生活していないと、常に地に足がついていない感じがするもんだが、
最近は、地に足着いてないどころか、タコ糸の切れた凧だ。
風に流されて、もみくちゃになってて、どこに行くかわからない。

会社に行くことで、なんとかつながりを取り戻す感じ。
ONとOFFのメリハリがあるというには、あまりにも極端すぎて、混乱する。
空想の世界から戻ってこれない、ような・・・。

自由であることは好きだけど、私は最終的には地に足を着けたいのだ。
だけど、地面からどんどん遠ざかっていく。
どこに向かっているんだろう。


そんなことを考えながら、今日も出社。
そしたら夕方、本社から先輩のもとへエッチなビデオが送られてきた。
家に置いておけないということで、古~いビデオテープが数本・・・。
背表紙は関係ないタイトルでカモフラージュしてあったけど、一つだけ「ポルノ」とあった。おとーさん、ポルノはまずかろう。
しかもVHSなので、誰も見れない。

そんなことでガハガハ笑ううちに、
すっかり落ち着きを取り戻した。



私の地に足って、一体・・・。
by fb001294 | 2009-07-28 00:20 | Trackback | Comments(7)

登山

山に登ってきました!
いなばさん、Shin.Kさん、sachiorinさんの3人と。
私は金曜夜に深夜バスで出発して、土曜の早朝に登り始め、昼過ぎに涸沢ヒュッテ到着。2泊して下山。3泊目は上高地の山宿という日程だった。

涸沢には夏の間だけ開いている診療所があって、私たちはいなばさんのボランティアでの滞在についていき、そのままご好意で泊めていただきました。

登りはあいにくの雨。
ここ数ヶ月、人生で一番運動不足の毎日だった私は、案の定、登りで左足を痛めてしまい・・・。
登りながら、ああそういえば登るというのはしんどい行為だったよ!と当たり前のことを思い出していた。
昔に登った八ヶ岳も、達成感や、きれいな景色が印象深すぎて、その過程のしんどさをすっかり忘れていた。
そんなことを考えながら、黙々と、一歩一歩、最後はほうほうの体で、到着した。

診療所では完全におじゃま虫であることに恐縮しつつ、普段接する機会のないその状況に興味津々で見学させていただいた。
さらに長野県警の山岳警備隊の方々とお話しする機会もあり。
その道のエキスパートが、無駄なものは何も持たずに働く様子は、とてもシンプルで、みなさんかっこいいと、素直に思いました。



3連休の涸沢は、老いも若きも男も女も、たくさんの人でにぎわっていた。

きれいな景色を見たい。きれいな空気を吸いたい。
体力をつけたい。達成感を得たい。
そして、
自分の存在を、自分でしっかり認識したい。それも中途半端ではなく、激しく。それは意識としての自分ではなくて、生き物としての自分。
みんなどこかに最後のそんな気持ちがあるのかもしれん。

私は4日間を振り返って、どうにも嬉しくてしょうがなくてムズムズする。
自分が生き物だってことを思い出したし。  好きだなぁ。ああいうの。
一緒にいろんなことを話しながら、はたまた足の痛さをこらえ一人黙々歩きながら、なんとな~く、自分にとって大切にすべきものだったり、方向だったり、色合いだったりが新たな広がりを持って定まりつつあることを感じました。だから、嬉しい。



同時にこんなことも思った。
アホらしいこと、不毛なことというのは人生や社会の中にたくさん交じっているけど、
あの自然を目の当たりにした後では、そのアホらしさが一層際立つ。山を下りてすぐに普通の生活に戻った今週は、それらにいちいちハッとした。
人生から不毛なことを全てを排除する必要はないと思うけど、それがいかに本質的でないかを自覚していることは、大事な気がする。


涸沢は、雨があがった3日目、素晴らしい景色と星空を見せてくれた。
ありがとう。


f0185250_235677.jpg

f0185250_25668.jpg
f0185250_263774.jpg

f0185250_275094.jpg

f0185250_29183.jpg

f0185250_2102339.jpg

by fb001294 | 2009-07-25 02:25 | Trackback | Comments(4)

山にいってきます

梅雨明けして、ここ2,3日急にぱっきり明るくなりました。
どんなに暑くても、寝苦しい日々でも、やっぱりこの明るさが大好きです。

今度の3連休に休みをくっつけて、4日間、長野県の山に登山に行ってきます。

いつ、なんのために買ったのかわからないサックが大小2つあって、しかも使ってないから新しくて、今回のために無意識に揃えたとしか思えない。


こんながっつり登山は学生時代に登った八ヶ岳以来です。
あのとき下山したあと、焼肉屋で飲んだビールを、人生で初めておいしいと思ったのです。
心地よく疲れたからだに、最高ののどごしでした。
大人の階段を一歩登った瞬間でした。
いまや、大人っていうかおじさんにも負けないビール大好き人間です。

今回もまた大人になって帰ってこようと思います。

ただ、運動不足著しく、地下鉄の階段登るだけであんなに息切れてて大丈夫かとも思います。
がんばるぞ~。
長野も晴れるといいな。
by fb001294 | 2009-07-17 01:06 | Trackback | Comments(0)

女の見る目 男の見る目

ある宴席で、年上の女性が、
「男性は年を取るにつれて素敵になっていく。だけど女性はやっぱり若くてきれいな子が好まれる」
ということを、おじさんを持ち上げつつ自分は謙遜するという絶妙な技でもって言った。
その場では一番年下で、かといって完全に若いだけでもない中途半端な私は、その年上の彼女を謙遜させたままではいけないと、苦し紛れにこう言った。
「要するに、女性は男性を見る目があり、男性にはそれがない、ということですね」

言った後に自分でなるほど!と思ってしまったよ。彼女のフォローにはなってなかったかもだけど。
言いたかったのは、多くの時間を生きてたくさんの経験をし、いろんな思いを重ねてきた人というのは、それだけでとても奥深いし魅力的なのである。雰囲気にもにじみ出るのである。それは男女ともに変わりないのに、女性だけがきちんとそれを見ているのですね、と。

もちろん一概には言えないけど、平たく言って男性は若い女性のほうが好きである。その人自身がどんなに素晴らしくても、若さがないというだけで、減点しがちである。
もったいない。


自分の男性を見る目の無さは棚に上げて、自分の言葉に感心した夜でした。
by fb001294 | 2009-07-09 00:38 | Trackback | Comments(2)

鬼雲


大きな大きな入道雲を見た。
昔の人は、それを「鬼雲」と呼んで、とても恐れた。
昭和○○年、実際にそれは起こって、人々はパニックに陥った。

様々な条件が、運悪く奇跡的に重なったときだけ、鬼雲はあらわれる。
鬼雲は普通の雲と違う。よく見ればわかる。
そう、今日のような暑い日。あんな風に大きな雲だったらしい。

鬼雲は最初遠い空に浮かんでいたのに、だんだん近づいてきて、地上を覆ってしまう。
そうなってしまうと、その中で人は息ができなくなる。
ある人は自転車の車輪のチューブで息を吸ってしのぎ、ある人は息を止めて耐え、何も知らなかった人は死んでいった。

あの雲はきっと鬼雲だ。
ああ、さっきよりこっちに近づいてきた。






小学校の教科書に載っていた『空気のなくなる日』。
実際は、ハレー彗星が近づくと地球上の空気がなくなると信じた人々がパニックを起こし、自転車のチューブの値段が跳ね上がり、人々は息を止める練習をする・・・そして実際は何も起こらない。という話である。

子供のころ、その話がとても面白かったので、大きな入道雲を見たときにこの話と混ぜて作ったホラ話です。
入道雲を指差しながら真顔でこれを語り、弟を怯えさせて面白がってました。
弟にとって姉は、常に嘘つきであったと思います。


毎年夏になると、入道雲を見て思い出す。
あ、鬼雲だ。弟には申し訳なかったなぁ。でも傑作だったなぁ。

今は梅雨真っ只中。
霧で覆われて東京タワーもてっぺんまで見えない。
鬼雲が降りてきたらこんなきっと感じだ。
そして息を止める練習をする。
by fb001294 | 2009-07-04 00:31 | Trackback | Comments(4)


ただの日記です 80%くらいは未来の自分が楽しむために書いてます。20%くらいで人に近況報告してるつもりです。


by fb001294

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2017年 07月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

リンク


私の尊敬するいなば先輩のブログ。
幅広い知識と深い考察が読み応え抜群。さらに根底に常に愛情が根付いていて、温かい安心を感じます。

日々
makiさんのブログ。アジアンビューティー。感性がとても瑞々しく、聡明で、思いやりに溢れ、男女問わず人を惚れさせる人。

発散⇔収束
Shin.Kさんのブログ。上海在住。物事に対する賢く丁寧な視点がいつも楽しみ。新鮮で優しく力強い日々。

La Strada
sachiorinさん。ドイツ在住のプロのバイオリニスト。その音楽の後ろにある、多彩な心の広がりを感じます。

最新のトラックバック

思○生ばななさん
from 空
観■ This is it
from La Strada
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧