<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

流れ

最近、いつもの風景がいつものように見えないのは、1Q84を読んだせいだろうか。
愛宕神社に登ったあとからなんか変なので、1Q84は関係ないかも。
とにかく自分の部屋が他人の部屋のように見える。

自分やまわりの流れが、急速に変化する瞬間ってたまにあると思うけど、そういうことかもしれん。
変化しているのは自分なのかまわりなのか。違って見えるのは、つまりズレているんだろうなあ。それぞれの流れが。


関係あるのかないのか、同じ局で唯一の同期が、急な異動の内示を受けた。
何故か私が動揺し、他人の部屋のように見える我が家でひとりヤケ酒してみたり。


こういうときは、これまでの流れを確認したくて、昔の日記やメールを見返す。
今日、なんとなく昔のメールを見返していて、5年前の友人とのやりとりにハッとする。
「思考停止しないようにしようね」
社会人になることで、私たちが一番恐れていたのは、仕事に忙殺されて思考停止してしまうことだった。気付いたらもう○○歳、のような。
幸い、仕事もプライベートも、本当にいろんなことがあって、思考停止とは程遠い5年間だったと思う。

その間にも流れがグッとかわる瞬間が何度かあったけど、また変わろうとしてるのかな。


とりとめもないけど、そんなここ数日です。
by fb001294 | 2009-06-28 17:33

いろいろ、食べられない

口内炎が痛い。
ひとつできて、ほっておいたら治るだろうと思ってたら、なかなか治らず、さらに別の場所にもできた。
栄養が足りないのだと思うから、たくさん食べたいんだけど、痛いから食べれない。
栄養を取れないから、口内炎が治らない。
悪循環だ。このまま食べられなくなって、やせ細って、しまいには消えてしまったらどうしよう。
痛い。痛い。



会社の冷蔵庫の中の私のケーキを、部長に食べられた。
口内炎は痛いけど、そのケーキは食べたかった。
マンゴーのケーキ。

今日は社長が上京していて、
社長は支社に来るとき、いつもみんなの分のケーキを買ってくれる。
今日は私がお手伝いで一緒に買いにいった。
好きなのを選んでよいと言われたので、自分のぶんだけ一番高いやつを選んだ。


数時間後、
「一番高そうなケーキは私のですよ」
と言っていたら、部長が
「もう食った」と言う。

「も、も、もしかして、黄色いケーキですか?」
「わははは」

く~、無念。

マンゴーより200円安いイチゴのケーキもおいしかったよ。。 痛かったけど。
by fb001294 | 2009-06-18 00:39

日記

先日、大学時代のゼミの友人らと久しぶりに会った。
卒業以来の人もいた。

卒業後の5年間について、簡単に述べよと言われたのだけど、そんなことは無理なので、数時間前に抜いた親知らずについて熱く語る。
抜けた歯を家に帰ってまじまじと観察したかったのだけど、「持って帰りたい」と恥ずかしくて言えなかった。
歯の抜けた跡を舌でさぐると、ポーンと穴が開いていたのに、二時間後には柔らかいが歯茎が出来ていた。人間の再生能力はすごい。ピッコロみたいだ。
というような内容。

みんな興味なさそうだったけど、かまわず熱弁した。


男性のセクシーさについて話が及び、仕事中に電話を肩に挟むしぐさだと答えたら、みんなそのしぐさをしてしてみせてくれたけど、これっぽっちもセクシーだと思えなかった。仕事中でないといけないし、人による。
友人(女)が、「電話を肩に挟んで両手を使って何かをしている時は、無心の状態のように見え、その隙ありの様が、セクシーさを感じさせるのでは」と見事に分析してくれた。
モテる女性は隙があるとはよく言うけど、隙のある男性もモテるぞ。



昨日は『1Q84』を買いに行こうと近所の本屋を巡るも、どこも売り切れだった。
足をのばして大きな本屋に行こうかとも思ったけど、スッピンだったのでやめた。
でも気付いたらずいぶん遠くまで歩いてきてしまった。そのままお散歩しながら帰った。

東京は本当に神社や寺が密集している。
お寺や神社は、そこに足を踏み入れたとたんに、周りの喧騒が嘘のように静まり返っている。
それが好きで、なんとなく寄ってしまう。
愛宕神社の急で高い階段に驚いた。愛宕神社は雰囲気も良いですが、あの急な階段におののくだけでも、行く価値ありです。
調べてみたら、東京23区内の天然の山で最高峰だって。納得。

本がどこの書店でも売り切れで、なんか自分が流行に踊らされているようで悔しいけど、活字文化が活性化するのは嬉しい。喜んで踊らされよう。
by fb001294 | 2009-06-14 10:38

それはもう、それでなくなったけど



しつこいようですが、昨日のダンスの感想その2。


それは意識や意味やその周りにある生活やその他もろもろのことと、それらに隠れている部分。

私たちは、この脳ミソを持ってしまったために、多くのことを意識でコーティングしてしまっている。意識した次の瞬間には、多くのことに意味をつけている。
本当は、私たちを取り囲む全てのことは、ただあるだけ、もしくは何もないのに。

そして私にとって、ただあるそれらは、いつだって大真面目であり、滑稽なのです。
彼女たちの踊りは、普段見えているのに見ていない、私たちの営みの中のその大真面目さや滑稽さを、思い出させる。
それが、心をくすぐるのだという気がしてならない。
私たちは毎日、雑多ないろんなことを思考しながら、本当はそれを見ている。
彼女たちの踊りを見るということは、それを見ることとなんだか似ている。



意識下の話。
本来この感覚は言葉にすることは不可能である。
だから言葉にした瞬間に、それはもうそれでなくなる。
実際、書いてしまったので、それはもうそれでなくなった。

言葉にできないことを表現しようとすることが、芸術なのだなあと、今さらながら実感。
by fb001294 | 2009-06-09 01:45

プロジェクト大山

ダンスを観にいきました。プロジェクト大山という、女性5人のグループ。
今まで見たことのない踊りだった。かっこいいとか、楽しいとか、情熱的とか、そんなんではない。
もはや踊りというジャンルに入れることもナンセンスなのかもしれない。

彼女たちの踊りは、口解けのよいシャーベットのような感じ。気付いたらふわっとした余韻を残して、跡形もなく消えていた。
今こうして感想を書こうとしているのだけど、今となっては自分の得た感想すらどうにもつかみどころがない。

そもそも私は普段踊りに興味があるわけでもなく、そのへんの芸術的センスもなく、ド素人なのです。彼女たちの踊りを説明する言葉を持ち合わせていない。何か、これはすごいぞと思うのだけど、悶々とするのみなのだ。その先入観のなさが、きっと素直に惹きこまれた秘訣だろうとも思う。

とっても言語化しにくいのだけど、
見たことあるようなないような動きの連なり、心地よい角度、テンポ。からだの端っこ、内と外。関係、共鳴。
思いつくのはこんな雰囲気の言葉たち。

明確な何かを表しているふうでもない。
表現の目的はよくわからないのに、凝視してしまうあの感じは何なのか。
好もしい感じ。ずっと見ていたい感じ。
私たちのからだや心の潜在的な何かに訴えかけているのだろう。

彼女たちは確実に、丁寧に丁寧に表現について考えている。だけど、それを観客にわからせようとはしていない。よって、見る側も何かよいものを見ている感じはするのだけど、言語化できない。

表現ってきっととても難しくて、たいてい見るほうはその意図を感じて、納得し、感動し、時に嫌悪する。
表現をしているのに、わからせようとはしない。これってすごく難しいことだと思う。
そしてそんな表現には、おそらくその場に現れているものを超えたところに、真の表現の結果?がある。もはや表現者にすら、コントロール不能。

意味不明で申し訳ないですが、彼女たちの踊りはとてもとてもよかったです。
あんなに関心を持って人間のからだを見たのは初めてかもしれない。

そして、驚くべきことにこれをボスでやってるのが、高校の後輩になるのですね。
すごい後輩がいるもんです。やはり誇らしい気持ちです。
by fb001294 | 2009-06-08 01:02

彼女とダーリンについて

友人のダーリンと念願の初対面を果たした。
友人のダーリンはフランス人。日本とフランスの遠距離恋愛なのです。
いや~、噂には聞いてたけど、ものすごくイケメンだった。モデルか!?
英語はしゃべれないけど、ノリで会話に交じった。

彼女のことをずっと知っているけど、ベストパートナーとようやく出逢ったのね!と、心から嬉しい。
彼女の好きなことろは?と質問すると、あれやこれやたくさん挙げてくれた。彼女の良いところを、ちゃんとわかってる人だなって思った。
その中の一つでもちろんShe is beautiful.と言っていて、彼女を見やるとなるほど美しい!
いや、もともと彼女は美しい人なのだけど、人は人をこんなにも美しくさせるのかと、感心してしまった。何年も見ている彼女が、その日は新鮮な美しさでした。

これはもしかすると、もしかするかもしれない。
彼女はとても現実的な性格ゆえ、身一つでフランスに行くという大胆な行動はあまり想像してなかったけど、二人の様子を目の前にして、突如現実味を感じた。

私はその将来を望む望まないに関わらず、ごくごくたまにふと「見えて」しまうことがあるのだけど、あの日、ちょっと見えてしまった。
彼と暮らす家で、携帯片手にせわしなく家事をこなす彼女の姿が。


帰り道、もし彼女がフランスにヨメに行ってしまったら、もうこれまでのように一緒に飲んで笑ってができなくなる、と思って泣けてきた。私の理解者を彼にとられてしまうようで嫉妬するけど、イケメンだから許す。

ただ、私の「見える」ことはまだひとつも現実になってない。これを思い込みというのか。
ぜひ、いろんな困難を乗り越えて、実現第一号になってほしい。
by fb001294 | 2009-06-01 00:29


ただの日記です 80%くらいは未来の自分が楽しむために書いてます。20%くらいで人に近況報告してるつもりです。


by fb001294

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

リンク


私の尊敬するいなば先輩のブログ。
幅広い知識と深い考察が読み応え抜群。さらに根底に常に愛情が根付いていて、温かい安心を感じます。

日々
makiさんのブログ。アジアンビューティー。感性がとても瑞々しく、聡明で、思いやりに溢れ、男女問わず人を惚れさせる人。

発散⇔収束
Shin.Kさんのブログ。上海在住。物事に対する賢く丁寧な視点がいつも楽しみ。新鮮で優しく力強い日々。

La Strada
sachiorinさん。ドイツ在住のプロのバイオリニスト。その音楽の後ろにある、多彩な心の広がりを感じます。

最新のトラックバック

思○生ばななさん
from 空
観■ This is it
from La Strada
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧