<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

勝負

地下鉄っていうのは局所的に風が強いもんで、
ひらひらしたスカートをはいてかつ油断していると、
ぶわっと、
めくりあがる。

先日も仕事先に向かう途中、みまわれた。
しかも両手に荷物を抱えていて、
マリリンモンローのように、きわどいところで押しとどめることも叶わなかった。
仁王立ちしたまま、なすがまま。

で、思ったことは、
「げ! どんなパンツはいてたっけ」


以前に職場の男性に、突如
「お前も勝負パンツとか持ってるのか」
と、会社が会社なら、いや相手が相手なら訴訟モノの質問をされ、
私も私でノリノリで
「毎日が勝負パンツですけど」
と答えたことが思い出された。


勝負はいつなんどき訪れるかわからない。
ということを実感した一件であった。

失礼しました。
by fb001294 | 2008-11-29 23:15 | Trackback | Comments(2)

結婚式ムービーとコール選手権

五月に結婚した友人夫婦の家に、お呼ばれ。
結婚式のビデオをみんなで見た。
私はその結婚式自体に出席していたにも関わらず、またもや涙を流しそうになった。

新婦本人である友人も、きっと何度も見たであろうに、またもや目に涙をにじませていたのを、私は見逃さなかった。


友人夫婦の家に行く直前、父から電話があり、
「自分たちの結婚式のビデオを探している。知らないか?」と。

「これからまさに友人のそれを見に行くけど、あなたたちのは知らない。」

結婚式ビデオづいた一日だったなぁ。
結婚式の記録はとっておくととても思い出になるし、こうして30年近くたった後にもふと見たくなるらしい。
両親のビデオは見つかったんだろか。


その後、友人カップルのおうちで鍋パーティー。
気の早いクリスマスソングもかけて、とっても盛り上がりました。
意外にも(失礼!)友人の手料理がすごくおいしくて、ワインが進む進む。

そこでDVDで観たのだが、
「全日本コール選手権」なるものを知ってます?
私はそこで初めて知ったのだけど、そんなものが存在するらしい。

f0185250_033919.gif


実在する大学のサークルが、各々の飲み会でのコールを競い合うというもの。
みうらじゅんと、スポーツ解説アナウンサーが淡々と解説していて、正直、ものすごーくおもしろかった。

競い合ってるのはたぶんコールの内容の面白さとかテンポとか。

振り返ってみると、私は学生時代コールが飛び交うサークルに深く所属したことはないのだけど、一年生くらいの、いろんなサークルをウロウロしてたころに、そんな飲み会での「コール」の存在を知って衝撃を受けた記憶がある。

当時、
「飲ーんで飲んで飲んで、×3・・・、トイレは、あっち!」
っていうのを聞いて、なんじゃそらー!って思うのと同時に、なんて軽快なリズムかつクダラナイんだ!ととても関心したのです。

それが選手権になって、さらにDVDにもなってる。
それはそれはくだらないんだけど、パッケージに「ジャパニーズオリジナルカルチャー」みたいなことが書いてあって、妙に納得してしまった。
確かに、日本独特かも。この時代限定かもだけど。

日本人はたぶんリズムとかって苦手だと思うんだけど、それでもやっぱりリズムに乗りたいんだと思う。
あの瞬間、彼らは彼らなりの自己表現として、自らを解放してる。

のかどうかはわからないけど、
とにかく、その選手権はくだらなすぎて、おもしろかったです。


2カップルの家をハシゴし、そんなさすらいの一日でした。
幸せのおすそ分け、サンクス!
by fb001294 | 2008-11-17 00:35 | Trackback | Comments(4)

いってきました

パラオ、行ってきましたよ~。
もう、海がとっっってもきれいでした。

いる間、ずっと海か川に入ってた。
それもTシャツに短パンのまま(水着は着るけどね)泳いだり上がったりしたから、途中から水の中なんだか空気の中なんだかわからなくなった。

というのは言いすぎだけど、そのくらい、毎日水浸しだったのです。

海であんなに本格的に泳いだのは、初めてかもしれない。
シュノーケルつけて、たくさんのカラフルな魚に埋もれながら泳いだ。
弟が、何メートルくらい潜れるか、限界に挑戦していた。
私も挑戦してみたけど、弟に言わせると、2メートルくらいしか潜れてない上に、潜り方が不様らしい。

父も母も、こんなことをするのは数十年ぶりだと言いながら、楽しそうだった。
母はシュノーケリングのとき、ライフジャケットを着た上にビート板を手に持ち、そして現地のガイドさんに引っ張ってもらっていた。ラクしすぎ。

でも、そうやってゴーグルでのぞくだけでも、海の中はおもしろい。サンゴ礁の山と谷と、自然界の色とは思えないような鮮やかな色した魚と。空を飛んでるのかと錯覚した。

あの空気感はなんだろうな。
南国で湿度も高いし、ほんと、陸と海の区別がない感じがした。




そして、日本に帰ってきて、家族と離れて、
私は、強烈なホームシックに襲われたのです。

毎日一日中誰かと一緒にいれば、当然だろうか。

旅行中は、夕飯に行く前からウイスキーを飲んで酔っ払った父と弟を、ウザイと思い、実際にウザイと言いもしたけど。まあそれも愛情のなせる技だなぁと思うくらいイイ思い出ではあります。


私たち家族4人は、変わらずの構成なんだけど、いつの間にか、私は独り立ちしていて、もはや両親の保護下ではない。
むしろ、なんとか守りたい、幸せにしたい、と思う対象である。いや、子共というのは幼いころから強烈にそう思っているわけだけど、実際に立場や経済的に実現可能になった今、ますます実感するというか。

それで、両親を守らねばと思った、そしてそれが実際に必要だと感じた時点で、その家族というユニットは一つの完成形をむかえた気がした。

私は新たなユニットを創造せねばならない。
次の時代にバトンタッチをしなければ。

そうでなければ、私という核を中心とした傘を持たなければ、私は彼らの喪失に耐えられない。
それを、強く実感した旅行でもあった。


あたたかい海の中、ゆらゆら浮かんで、ゆらゆら沈んで、
母なる海は何も言わずに、命のつなぎ方を教えてくれた気がします。


なんだかとっても説明ししづらいけど、
リフレッシュ休暇なるものを取り、リフレッシュしたはずなのに、ホームシックな私はしばらく、どーーんと落ちこんで、ずっとそんなことをぼんやり思ってました。

もういい加減、復活。
明日も頑張るぞ~。


f0185250_0284328.jpg

by fb001294 | 2008-11-10 00:30 | Trackback | Comments(0)


ただの日記です 80%くらいは未来の自分が楽しむために書いてます。20%くらいで人に近況報告してるつもりです。


by fb001294

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

ブログパーツ

以前の記事

2017年 07月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

リンク


私の尊敬するいなば先輩のブログ。
幅広い知識と深い考察が読み応え抜群。さらに根底に常に愛情が根付いていて、温かい安心を感じます。

日々
makiさんのブログ。アジアンビューティー。感性がとても瑞々しく、聡明で、思いやりに溢れ、男女問わず人を惚れさせる人。

発散⇔収束
Shin.Kさんのブログ。上海在住。物事に対する賢く丁寧な視点がいつも楽しみ。新鮮で優しく力強い日々。

La Strada
sachiorinさん。ドイツ在住のプロのバイオリニスト。その音楽の後ろにある、多彩な心の広がりを感じます。

最新のトラックバック

思○生ばななさん
from 空
観■ This is it
from La Strada
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧